これで解決!子どもの写真を可愛く撮る3つの方法

笑顔以外でもシャッターチャンスはある

子どもの写真を可愛く撮りたいと思っているのになかなかうまくいかないことがありますよね。ついついカメラの前に立たせて子どもの笑顔を一生懸命撮りがちですが、笑顔ばかりだと単調になってしまい同じ写真がたくさん撮れてしまいます。子どものさまざまな表情を撮りたいと思ったら、名前を呼んで振り向いた時の表情や何かに熱中している時の顔などを撮るのがおすすめです。その際には邪魔にならないようにズーム機能を使うと便利ですよ。

カメラの機能を上手に活かして子どもの写真を撮る

子どもの写真を撮る際には、ズームや連写などのカメラ機能を上手に活かすとよい写真が撮れます。ワイド機能を使えば広い範囲を撮影できるので、子どもから少し遠くに離れて景色や建物などと一緒に撮ると子どもの小ささが強調されておすすめですよ。他にもモニュメントと一緒に記念撮影をする時は、モニュメントをおさまるようにしながら子どもを少し手前に立たせるのがポイントです。この時人物の配置を少しずらすとまた違った印象になるでしょう。

さまざまなアングルから子どもを撮る

子どもの写真を撮る時、ついつい真正面ばかりからいつも撮ってしまいがちですよね。そんな時は子どもの目線と同じ高さで撮ってみたり、真上から見下ろすように撮ってみたり、低い位置から見上げるように撮るなどさまざまなアングルから撮るのがいいでしょう。アングルを変えるだけで臨場感のある写真に仕上がることがあるのでおすすめですよ。特に子どもの後ろ姿の写真はあまり撮ることが少ないので特におすすめです。このようにちょっとした工夫で子どもの可愛い写真を撮ることができます。

スクールフォトとは、幼稚園や学校で撮影した写真をインターネットに展示し閲覧・購入できるサービスのことです。インターネットを利用するため、いつでもどこからでも写真を見たり、購入したりすることができます。