忘れられないオンリーワンで素敵な結婚式にしよう!

結婚式ってどんなもの?

友人、知人や兄弟の結婚式に行くことはあっても、さぁいざ自分の番となると、何をどうしたらいいのかわからないものですよね。あなたが主役の晴舞台なのですから、どうせなら皆の記憶にも残る素敵な式にしたいものです。まず、結婚式ってなんでするのでしょうか。これは伝統的な儀式のようなものです。婚姻を確認させるためのものですね。スタイルも国によって多種多様で、日本でも神前式、人前式、仏前式、キリスト教式などいろいろな形がとられています。

どんなスタイルの結婚式があるの?

日本で多くとられている結婚式のスタイルは主に、神前式、人前式、キリスト教式の3つです。神前式は、神社で行われることの多い日本に昔から伝わるスタイルですね。雰囲気が「和」の形で、神に誓うものです。昔からの伝統で手法や手順が決まっている(神社によって違ったりもしますが)ので、それに沿って進行されます。人前式は、神仏に結婚を誓うのではなく親や親族、友人などに誓うスタイルのものです。神前式と違って自由度は高めなので、オリジナリティが出しやすいものです。キリスト教式は、その名の通りキリストに結婚を誓うもので、近代の日本では最もポピュラーなスタイルとなっています。

どんな服装でするの?

これも式のスタイルによって違います。神前式なら和装です。とても趣があり、外国人の方から見るととても幻想的に見えるそうです。人前式、キリスト教式なら男性はタキシード、女性は白のウェディングドレスが一般的です。和装と比べると、ウェディングドレスは華やかなのが特徴ですね。現在では色々なデザインのドレスが選べるので、結婚式の準備の中で「ドレス選び」が一番時間がかかるかもしれません。何れのスタイルで式をするにしても、本人達がしっかりと話し合い、お互い納得のいく準備をして素敵な結婚式にしてくださいね。

神奈川県の鎌倉にある鶴岡八幡宮では結婚式を挙げることができます。鶴岡八幡宮で結婚式は1日一組限定で挙式にかかる費用は20万で本格的に神前挙式ができます。