気を遣わずに済むし、素敵な結婚式ができる!

自分たちの結婚式なのに

結婚式は新郎と新婦のためのものですよね。でも親の意向が介入して、親戚を呼ぶか呼ばないかでもめることもいまだにあるみたいなんです。親戚付き合いって色々なことがありますし、本当に自分たちのことを祝ってほしい人だけ招きたいと思っている人にとっては困ってしまいますよね。親にとっても親戚付き合いの諸々があるということもわかるからこそ、子供の側も複雑な思いを抱いてしまうものなんです。お互い嫌な思いをしないためにはどうしたらいいのでしょう?

そんな時こそ海外挙式

海外挙式とは、日本から飛び出してハワイやヨーロッパなどで挙式を行うことを言います。ヨーロッパの歴史のある荘厳な教会や、ハワイやグアムなどで開放感のあるリゾートウエディングをするのもいいですよね!それに、海外挙式をするからという理由があれば、親戚の人などを招待しなくてはいけない事態をやんわりと回避できたりするんです。気が楽ですよね。後日親族にあいさつ回りをしておけば親御さんも親戚の方も納得してくれるでしょう。

予算と注意点について

海外だと国内よりも予算がかかるんじゃと思われがちですが、実際には国内で挙式をする場合よりもお金を節約することができるので、コストパフォーマンス重視の人にもおすすめだったりします。平均で87万円で済むんですよ。しかもハネムーンも兼ねているので、新婚旅行代の節約という側面も!注意点ですが、もし二人だけではなく国内からゲストを招待する場合は事前に旅費のことなどをどうするか話し合っておいた方がもめないでしょう。

結婚式場を東京で探すとなると、結婚に良い日はすぐに予約で埋まってしまうので、一年前くらいから予約しないといけません。